人気ブログランキング |

lunettes スタッフ日記

maruda.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 14日

はるゆたか

 北海道産の小麦粉の名前です。

当店では、リュステイックと、農夫のパンに使用しております。

それにしてもこの粉はスゴイ・・・

まず、吸水がよいこと。

今まで使っていた粉のでは、一キロの粉に対して、水800cc
はいったものが、はるゆたかは何と、900ccも水が入ります。

 つまり、焼成後の水分を多く含むはるゆたかは、パン自体の劣化も遅く、
美味しい。 実際香りもトーっても良く、シンプルなパンだけれども、
そのまま食べていても美味しい。

はっきりいって、国産小麦をなめていた。
こんな美味しい粉がわが国で採れるのか。
素晴らしい事である。

これから私は、少しでもこの国のものを使っていこうと思う。
本当に目からうろこでした。

by boulangerlunettes | 2007-01-14 18:54 | Comments(4)
Commented by ふじっぴ~ at 2007-01-15 00:36 x
食べたいなぁ~読みながら松山千春のあの唄が頭の中をかけめぐっています。
Commented by boulangerlunettes at 2007-01-15 18:41
ふじっぴーさん

こんにちは。 千春といえば、果てーしーないーおおーぞらーとー
ですかねぇ。 今度小麦を作っているところに見学に行ってみたいなぁと
思っているのですよ。
そうしたらもっと粉やパンに対して紳士になれると思うのです。
Commented by takuromaru at 2007-01-15 21:07 x
いつも楽しく拝見しています。もちろん美味しいパンも堪能させていただいております。ハルユタカのお話になっていたのでちょっとお邪魔します。私は数年前まで北海道の帯広に住んでいまして、あちらでは
ハルユタカをお料理教室でも使うほどメジャーでよくパン教室で
色々作りました。これからリュステイックと、農夫のパンを
改めていただきたいと思います。松山千春さんも十勝の出身ですね。
Commented by boulangerlunettes at 2007-01-17 16:01
takuromaruさん

こんにちは。 帯広御出身なのですね。私も1度でいいから訪れてみたいところです。麦畑の収穫時期などは、地平線のように黄金色の麦の穂が
目の前に広がるのでしょうか。目の前には青空と金色の麦だけ。
目に浮かべるだけで素敵な風景です。

損なようなことを思ってはるゆたかの粉を使ったパンを作っていきたいと思います。

これからもどうぞ応援してください。


<< そろそろ・・・      手作りプリン >>