人気ブログランキング |

lunettes スタッフ日記

maruda.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 11日

 八月は、霊を迎え入れるお盆があり、

原爆が広島と長崎に落とされた月でもあり、

御巣鷹山に日航機が堕ちた月でもあり、

終戦記念日でもある。

これらの多くのことを、われわれはもう一度よく知るべき時だと思う。


靖国の事。 GHQの事。

我々は学校で教わらなかったことである。

くさいものにはふたをされたのであろうか。


大化の改新、 関が原の戦い。

これよりも、近代史を知るべきであり、学ぶべきものであると思う。

これを機会に私ももう一度日本の歴史を学ぼうと思う。

by boulangerlunettes | 2006-08-11 20:10 | Comments(5)
Commented by ふじっぴー at 2006-08-12 00:58 x
おっしゃるとおり~過去の歴史はともかく近代史は大切だとここ数年切実に思っています、「相手がそっぽむいたからいいや」ではなく歩み寄れるように待ち続けることが大事なのではないでしょうか?公約などよりもこれから先の為に今すべきことと要らぬこと、「不戦の誓い」の為にも学ばなければいけないのかも・・・生意気言ってゴメンなさい。じゃあ強制連行帰省してきます(涙)
Commented by まんぼう at 2006-08-12 06:03 x
いや、おっしゃるとおり!
我々(というか私)は漫然と日々を過ごしすぎ。
山にこもって考えを改めなければ・・・というかキャンプですが。
頭を冷やしてきます。(天候大荒れだそう・・・)
Commented by boulangerlunettes at 2006-08-12 19:26
ふじっぴーさん

いやいや。ふじっぴーさんそれは大切な事。こういった発言が、少しでも力となるように少しでも発信していきましょう。

帰省はお気をつけて。
Commented by boulangerlunettes at 2006-08-12 19:28
まんぼうさん

そうですね。生きる事で精一杯に大人はなりますよね。
だからこそ色々学べる子供の時に教えたいじゃないですか。
若さは大きな力です。良い方向に向けさせる事ができたら、
この日の本は、まだまだいい国になりますよね。

キャンプお気をつけて。
Commented at 2006-09-01 15:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 青春と読書      代表戦 >>