人気ブログランキング |

lunettes スタッフ日記

maruda.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 28日

思いだした師の言葉

 お店をオープンする前に、丸の内のユーハイムでシェフしておられる志賀さんと
いうかたに、お世話になりました。 
 
 ドイツパンのとても詳しい方で、色々レシピを教わりましたが、

 「レシピなんてものはいくらでも書けるんだよ。一番大事なのは、自分がどんなパンが造りたいかと言うこと。」 

 そのときはまだ自分がパン屋としてやっていけるか、心配で、それどころではなかったのですが、今になってその通りだなぁと思うようになりました。

 私は志賀さんと同じパンは作れない。だけれども志賀さんも私と同じパンは作れない。
これでいいと思います。私なりのパンの流派を作ればよいと思います。
昔の剣術で言う何々流ですね。さしずめマルダ流のパンとでも申しましょうか。

 いま4年目ですが、ようやく自信の「じ」くらいはもてるようになりました。
それもこれも応援してくださる方の声があるからです。

 マルダ流派のパンをこれからは広める活動も社会貢献の意味をこめて頑張りたいです。

by boulangerlunettes | 2006-05-28 19:08 | Comments(2)
Commented by g239npci at 2006-05-29 01:01
こんばんわ。初めまして。じつは私も以前パン職人として働いていました。写真のパンが美味しそう。もう随分その世界から離れてしまいましたが、作るのは大好きです。いつかは戻りたいと思いながら、どんどん歳をとっていってしまいます。久々に明日は、パン屋さんに足を運んでみようと思います。
Commented by boulangerlunettes at 2006-05-31 20:51
g239npciさん
はじめまして。パンつくりはいつでも出来ますから好きなときに又この世界に戻っていらしたらいかがでしょう。又違ったパンの楽しみを見つけられるかもしtれません。


<< 眠すぎて      宝くじ >>