人気ブログランキング |

lunettes スタッフ日記

maruda.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 05日

 武蔵

 今読んでいる武蔵は、大変人生の勉強になっています。
まるで、自分の歩んでいこうとする人生の道しるべとなっているかのように。

 私は、武蔵の行き方を見て、私は、最終的にパン職人として、皆さんにパンの食べ方を知っていただき、また職人を育て、食育に関するところまでかかわって生きて行きたいと思うようになりました。自分の道に、明かりが灯った気分でした。 ですので、そのためには、食に関する本をこれから読み漁り、知識を得て、パンに生かし、それを伝えて行けたらと思っております。
それが武蔵を読んだ感想でした。

 途方もない夢ですが、夢で終わらないように一歩一歩、歩んでいく所存であります。

by boulangerlunettes | 2006-01-05 18:05 | Comments(3)
Commented by 深谷のぷ~ちゃん at 2006-01-06 12:18 x
まるちゃん、今度うちのお気楽息子に、お言葉をお願いします。
そのときは私も身を正して拝聴いたします。
あんたはエライ。本当にエライ。
Commented by パン職人まるだ at 2006-01-06 17:41 x
いやいや、これも全てはお師匠様のお言葉。私は自分なりに解釈しただけです。ただ、自分の歩く道が見つかっただけの事です。後は自分次第なのです。

 ただ、吉川英治の武蔵は、本当に勉強になリ申した。物語としても大変おもしろかったですし。
Commented by ふじっぴー at 2006-01-06 22:26 x
そうそう、ぷ~ちゃんのおっしゃるとおり。
「みつかった・・・」と言うけれど、それに邁進するまるさんはスゴイしエライ。


<< これから・・・      開幕 >>